母子家庭生活支援施設(いつでも相談にのってくれる職員がいるというのは心強いですよね)というのは、どういった所なんでしょうか。母子家庭生活支援施設(いつでも相談にのってくれる職員がいるというのは心強いですよね)は、1974年に制定された児童福祉法で定められており、以前は母子寮と呼ばれていた施設のことです。18歳未満の子供を養育している母子家庭の女性が、子供と一緒に入所することができます。入所するには、生活上の問題を抱えて子供の養育を十分に行えないなどの事情があることが条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)となります。入所した母子の心身と生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)に対する相談や援助を行いながら、自立を支援していくことが目的となっています。この施設を利用するには、まず、現在住んでいるところを管轄する福祉事務所が窓口となります。福祉事務所には、母子家庭に対しての相談窓口が設置されており、サービスや施設についての詳しい説明も受けられます。施設の利用申し込みもこちらで可能だといえるでしょう。施設の利用料金については、住民税(1月1日の時点で居住していた住民票の住所によって課税されます)や所得税(日本で導入された当初は、「富裕税」などと呼ねれていたのだとか)の税額によっても決まります。施設の利用者の入所理由として、離婚直後で生活の基盤がない、未婚で出産して就労できない、夫が行方不明だったり突然の死亡などが多いようです。しかし、ここ近年の傾向としては、DVと呼ばれる夫の暴力やギャンブル、サラ金やアルコール依存なんかも増えています。また、児童虐待などといった情緒的、精神的障害を持ってしまうことで適切な社会生活を送ることができなくなった世帯の入所も増加しているそうです。施設では、こういう母子の精神的ケアや援助も行っていますよ。子どもが18歳以上になると退所しなければならない規則となりましたが、退所した後の継続的な支援も行われているのですー